top of page
看板縮小.jpg

合掌。

八戸東道院のホームページへようこそ!

​月ごとの、雑感ですが、お読みください。(・_・)(._.)

令和6年2月23日 所感

 驚愕の年明けから、はや一ヶ月半が過ぎました。美しい能登が一瞬にして破壊され、未だ復興されずに、その時のままの現実が、テレビから目に入ってきます。

 災害はいつもそうですが、それまでの平々凡々たる、ささやかな日々の暮らしを根こそぎ、無残に奪ってゆきます。

2009年12月に、北陸武専に出張した折、女房と輪島を旅した。輪島の朝市は、館鼻岸壁の朝市ほど賑やかではなかったが、おばあちゃん達が布団に笑顔で座り、商いを営んでいた。それがまた、なんともいえない雰囲気を醸し出していた。その時の輪島の朝市が、悲惨な状況になっていることが、ただただ悲しく、むなしい。

少林寺拳法グループでも、災害対策本部を設けて、拳士への支援活動等に向けて募金活動を開始すべく、口座を開設することにした。

 集められた募金は、門信徒・会員で被害を受けた方々への復旧支援の活動、並びに、この度の震災にて被災された方々のために活用させるということである。

 道院の門信徒に呼びかけて支援を募り、先日集めた支援金を送金した。遠く離れた自分たちには、絶対に理解できることではありませんが、がんばれ、がんばれ、がんばれという思いを、念じることしかできません。

1月14日の本山新春法会で門信徒代表の挨拶をした。年甲斐もなく緊張したのか、恥ずかしながら声も少し震えていたが、とりあえず任務を遂行できた。

 その中で、「二〇二三年は非常に多くの要因によって経済環境が大きく変化した一年でした。二〇二〇年から続くコロナ禍だけでなく、終息の見えない状況のロシアによるウクライナ侵攻、世界的なインフレ、各国の金融引き締めによる景気減速懸念、中国によるゼロコロナ政策など世界レベルで経済にネガティブな事象が起き、さらには日本では急速に円安が進行するということもありました。来年も世界景気の減速が見込まれていますが、日本経済が復活する兆しも見えない状況です。

 イスラエルとパレスチナは凄惨な対立の歴史を繰りかえし、憎しみの連鎖による殺戮で被爆した子供達の悲惨な状況は、私たちの胸を強く痛めます。法律も軍事も政治の在り方も、すべては人の質によって一変するという、開祖のお言葉があらためて心に刻まれます。」と声を上げて挨拶をした。

 何故にこう?人は争うのだろうか?争うことが人間の本能なのか???!

 最近、ロシアとウクライナの軍事作戦で、ドローンによる無人戦闘術が展開されている報道が目につく。戦争は攻撃する側も攻撃される側も大切な兵士の命が奪われるものである。

 が、今はコントローラーの操作だけで、相手の居場所を突き止め、画面を見て、ボタン一つで敵兵を殺す時代となった。ボタンを押す兵士は、殺されるというリスクが全くないまま、それこそ平気で人を殺すのである。

 以前私は、今から28年前に出たポケモンに、大変なショックを受けたことがある。

 喧嘩というものは、勝つ側も負ける側も、双方に相当のダメージを被るものである。それを覚悟で喧嘩をするのである。ところが、ポケモンのアニメでは、自分が負けて傷つき、怪我をするというリスクを全く生じることなく、ポケモンを使って相手と戦うのである。危うくなれば、引き戻して今度は違うポケモンで相手と戦うのである。まさに、喧嘩(戦争)をゲーム感覚で行うという恐ろしい風潮を生み出した最悪のアニメであったと私は思う。

それがなんと、今ロシアとウクライナの戦争で起こっているのである。そしてますますエスカレートする様相を呈してきた。

 少林寺拳法の教えには、神様のお力というのはないが、ここまで来てしまうと、「神様!なんとかしてください!」とまで言いたい。

残念ながら、なすすべ無しか?(>_<)

年少部の修練風景

P2041559
P2041572
P2041562
P2041564
P2041568
P2041574
P2041566
P2041567
P2041571
P2041570
2022.10.10 県大会開会現像済み-040.jpg

来賓;江渡 聡徳 衆議院議員

2022.10.10 県大会開会現像済み-050.jpg

来賓;田名部匡代 参議院議員

2022.10.10 県大会開会現像済み-029.jpg

大会長;工藤 祐直 南部町長

2022.10.10 県大会開会現像済み-057.jpg

​理事長挨拶

東京都教区本山公認講習会  令和5年11月 3日
東京・公認01.JPG
東京・公認02.JPG
東京・公認06.JPG

法階講義テーマ:達磨の伝えたもの
よく見ると、五具足は・・・?
垂れ幕もなくてちょっと寂しい

法階講義は、いつも通りのプレゼンテーションで行った。
法階講義にもかかわらず、受講者は誰一人として輪袈裟を着用していない?
​事前の連絡ミスかな・・・。

易筋行(連続複数法形修練)での、外受段突の
説明。受講者の中には、連続複数法形修練を各道院で行っている者が、少なかった。
​普段、片方だけの修練に留まっている傾向があり、左右両方を練ずることが肝要。

東京・公認04.JPG
東京・公認07.JPG
東京・公認09.JPG

​連続複数法形修練での外受段突の相手をする。68歳だが、まだまだいけるぞ~!
​更に、ウェイトトレーニングとランニングに精を出さねばならぬ。

 

講習会最後の挨拶。
何故か、やっと、緊張もせずに、自分の思いを受講者に伝えれる教師となった。これも経験のなせる業かな?
​隣におられるのは、徳島県の小林 宏先生

講習開催後の集合写真
特別教師として、秋吉先生も参加
お元気で、ずーっと長くご指導ください。
帰路は新幹線の中で、アルコール満充電

​東北連合会交流会の写真 令和5年11月18日
​      
      郡山:ホテル ハマツ

令和5年度交流会09.JPG
令和5年度交流会11.JPG
令和5年度交流会01.JPG

青森県少林寺拳法連盟理事長としての挨拶
来年の50周年記念大会のアピールメッセージ
こうして、各県より持ち寄った銘酒を呑みながらの交流会は実に4年ぶり!
​懐かしいお顔を拝見しながらのお酒は、格別です。

青森県少林寺拳法連盟理事長としての挨拶。
銘酒を呑みすぎての、酔っ払いおじさんの一言。
​でもこういう、いい雰囲気の中でのコメントは苦になりません。

交流会に参加した宮城県連の道院長・部長さん達
佐藤淳一仙台宮城野道院長も本山公認講習会から参加して頂きました。

令和5年度交流会02.JPG
令和5年度交流会.JPG
令和5年度交流会04.JPG

交流会に参加した県連の道院長・部長さん達
高野教区長、石井先生、千葉・上野さん、そして丹波八戸東参与道院長

私も、東北六県の理事長席に座って、美味しい料理とお酒を頂きました。
宮城県の遠藤理事長も結構いける口です。
​二人で二合瓶4本を呑みました。あらっ!

 
酔っ払う前の集合写真です。
東京から田中勝義先生も参加され、しばらくぶりにお話をすることができ、嬉しかったです。
​本山派遣教師の青山先生も、特別に参加して頂きました。
bottom of page