【道院長より】

金剛禅総本山少林寺八戸東道院ホームページへようこそ!

令和3年5月暦を更新しました。

【令和3年5月2日】

合掌。

大型連休に入っても、日本全国コロナ過により、外出自粛で“つまらないゴールデンウィーク”ですね!

4月半ば過ぎに満開になった桜も、意地悪な強風によってあっという間に散らされてしまいました。

自然に微笑んでしまう機会が、以前と比べると少なくなってきました。

でも、沈んでばかりは居られません。何か上向きになるような事を自分で見つけ出して、明るく元気よく過ごさなければなりません。

いつもこの時期は、階上岳へバイクで「ぼう菜」採りに行く時期です。

階上岳のボウ菜は、あまり太いのはないのですが、道路から少し入るとすぐ採れるので、2,3回足を運びます。

玄米とボウ菜があれば、私は満足。

また、連休どこかの一日は、渓流にも足を運びたい。ホームリバーの熊原川で今年初めてのヤマメと出会い、夜の晩酌でその恵みをいただきたい。

また、新緑の山々を4時間ほどかけて、バイクツーリングもしたい。行き先はやはり、お気に入りの三戸望郷橋を通り、田子までの農道を軽いコーナーをつきながら心地よく走りたい。

そう考えると、やる気が湧いてくるから、妙なものである。

5月9日(日)は、開祖法要忌と南部小教区研修会が予定されている。

最近、参座する拳士が同じ顔ぶれとなる傾向があるので、多くの拳士に声掛けをして一人でも多くの拳士に、開祖の遺徳に触れていただきたい。

また、5月23日(日)は、今年初めての青森武專が開催される。

当日の担当割を見て、いささか仰天した。

鎮魂行主座、全体基本指導、全体講義、技術ⅠとⅡと、ずーっと奮闘しなければならない。おまけに昼休みには、連盟・教区の総会がある。

大変な一日となりそうだ。まあ、やる事があるというのは、やりがいがあるという事か?

しかし、高齢者のお仲間入りをしたから、あまり頑張りすぎないように、少しブレーキをちょいかけしながら、事を成し遂げたい。

過ごしやすい季節になり、穏やかに一日一日を大事にしたい。

 再合掌。

1/8
​開会式の模様
​鎮魂行 
​模範演武
​総裁、虎に食われる!
​総裁を囲んで、集合写真
​迫真の演武
​小学生の演武